惑星大戦争

『惑星大戦争』(わくせいだいせんそう)は、1977年12月17日に公開された東宝製作の特撮SF映画。同時上映は『霧の旗』。 映画『海底軍艦』の宇宙版リメイク作品である。1988年、太陽系外宇宙から飛来した異星人の侵略に対抗するため、宇宙防衛艦「轟天」が金星に本拠を構えた異星人の「大魔艦」に立ち向かう。 本作製作の背景には、1977年はアメリカでSF映画『未知との遭遇』『スター・ウォーズ』、アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト』が公開され、日本は空前のSFブームを迎えていたことがあった。1978年夏の『スター・ウォーズ』の日本公開を控え、東宝は本作を急遽製作して正月映画として公開した[注釈 3]。正月映画として年末から公開の予定でありながら脚本が仕上がったのはその前の10月に入ってからで、クランクインが公開の2か月前というタイトな製作期間であった[注釈 4]。監督の福田純も、のちに「とにかくもっと時間があれば面白くなったと思うね」と述べている。 監督と特技監督には、1970年代の東宝でゴジラシリーズとSF作品を手がけてきた福田純と中野昭慶のコンビがあたった。福田と脚本の中西隆三はゴジラシリーズの新作『ゴジラの復活』の企画に、中野は日英合作映画『ネッシー』の制作準備にそれぞれあたっていたが、製作が急遽決定した本作にスライドする形となった[3]。福田は本作を監督した後、東宝との専属契約を打ち切ったため、本作が最後の監督作品となった。 『惑星大戦争』というタイトルは『スター・ウォーズ』の邦題になる予定だったが、『スター・ウォーズ』の本国アメリカでの大ヒットや、日本ではアメリカの翌年に公開されることなどに加え、ジョージ・ルーカスが「全世界で(『スター・ウォーズ』という)タイトルを統一させる」との意向から却下され、最終的に本作のタイトルとして流用された。 制作期間が非常に短いことから、それを補うために本編は3班、特撮は2班で撮影された[3]。破壊される各国の都市などは『宇宙大戦争』や『世界大戦争』、『ノストラダムスの大予言』からの流用である。これは前述したようなあまりに短すぎる製作期間のため、苦肉の策であった。 当初は小松左京に原作の依頼が持ち込まれたが、彼のブーム便乗企画でない本格的なSF映画を作りたいという希望により別途企画が立てられ、『さよならジュピター』が製作されている。『海底軍艦』の宇宙版という企画自体はプロデューサーの田中友幸がかねてから温めていたもので、実現の機会をうかがっていた。 国内での評判はおおむね芳しくないが、海外、特にドイツでは大ヒットを記録した。有名人の賛辞としては、矢作俊彦の「なぜ日本アカデミー賞が『惑星大戦争』であってはいけないのか」という一文がある。 ウィキペディアの詳細:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%91%E6%98%9F%E5%A4%A7%E6%88%A6%E4%BA%89

LicensePublic Domain

More videos by this producer

47:25
1:14:26
47:20
This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more in our privacy policy.