ザ · ストリー · トファイター, Za Sutorīto Faitā

『激突! 殺人拳』(げきとつ! さつじんけん、The Street Fighter )は、1974年の日本映画。主演 : 千葉真一、監督 : 小沢茂弘、製作 : 東映、カラー・シネマスコープ、91分。『殺人拳シリーズ』の第1作。 空手・拳法の達人で、プロフェショナルの活躍を描いた物語[1]。本作は日本国内だけでなく海外でも大ヒットし[2][3][4]、千葉真一が海外でSonny Chiba(サニー・チバ[注釈 1])として知名度を高めた作品である[2][7]( ⇒ #興行)。既に東映は千葉を主演に据え、空手の達人が活躍する『ボディガード牙シリーズ』を1973年に製作[8]。本作はこれに続く格闘映画である[8]。突き技・蹴り技にアクロバティックな宙返りをする千葉のアクションと[1][2]、M65 フィールドジャケットと手裏剣内蔵した手甲を着用した装いが非情なプロフェッショナルとなり、これらは次作以降も踏襲されている。ヒロインに中島ゆたか、相棒に山田吾一、敵役の志堅原楯城しけんばるたてきには石橋雅史らを配役。山口剛玄と鈴木正文が撮影協力していることから[9]、随所で剛柔流の型が現われている。 剣琢磨つるぎたくまは彼を「大人ターレン」と呼んで慕う張を助手に、殺人・誘拐など非合法な依頼を請け負うプロフェッショナル。琢磨は志堅原義順・奈智の兄妹から、殺人空手の使い手で死刑囚の兄、楯城の脱獄を請け負い、香港へ逃がすことに成功する。しかし兄妹は成功報酬全額を払えなかったため、琢磨は奈智を売り飛ばすと言い放つ。義順は琢磨に立ち向かうが全く歯が立たず、跳び蹴りも躱され、そのまま高層マンションから転落死。奈智は牟田口興産に売り飛ばされ、香港マフィアの五竜会の手に落ちてしまう。琢磨は牟田口から「ベルネラ石油の令嬢、サライ・チュアユットを誘拐してほしい」と新たな依頼を受けるが、その黒幕が五竜会と見抜き断る。琢磨はサライが身を寄せる空手道場の正武館に乗り込み、館長の政岡憲道と戦い、サライの護衛に自分を売り込んだことで、五竜会との戦いに巻き込まれていく。キングストーン(五竜会のボス)は、琢磨抹殺を香港の九竜暗黒街を牛耳るディンサウへ依頼。ディンサウは盲狼公ら屈強の部下を連れて来日するが、その中に楯城と救出された奈智もいた。サライは父親の部下であるバヤンに誘われ伊豆へ行くが、それは五竜会の罠であった。琢磨はサライを救出できず、五竜会に谷底へ突き落とされてしまう。サライは神戸沖に停泊するベルネラ石油のスーパータンカー「プリンセス・サライ号」に拉致され、全資産を父親の部下であるアブダル・ジャードに譲るという書面にサインすることを強要されていた。ジャードは五竜会と繋がっていて、サライの父親を殺害したのもジャードの企みだった。サライは「欲しければ、殺して奪いなさい」とサインに応ぜず、ジャード、バヤン、キングストーン、牟田口の前で拒否し続ける。一方、琢磨は単身でタンカーに潜入しサライを救出しにきたが、琢磨の前に義順の仇と狙う楯城・奈智兄妹が立ち塞がった。 ウィキペディアの詳細:http://bit.ly/38dlEYW

LicensePublic Domain

More videos by this producer

1:52:14
1:36:22
1:22:53
This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more in our privacy policy.